2017年5月26日金曜日

「病牀六尺」の力⑧

歩行困難になった1895年からすると子規は7年間、「病牀六尺」にあったということになります。58歳で死ぬまで8年間「しとねの墓穴」におかれたハイネと比べてみると、年齢こそ違いますが、文学や書くことへの執念には、共通点が多いように思われます。


死の寸前まで綴られた『病牀六尺』はこんな文章で始まります。

「病牀六尺、これが我世界である。しかもこの六尺の病床が余には広過ぎるのである。僅に手を延ばして畳に触れる事はあるが、布団の外へまで足を延ばして体をくつろぐ事も出来ない。甚だしい時は極端の苦痛に苦しめられて五分も一寸も体の動けない事がある。苦痛、煩悶、号泣、麻痺剤、僅かに一条の活路を死路の内に求めて少しの安楽を貪る果敢(はか)なさ、それでも生きて居ればいひたい事はいひたいもので、毎日見るものは新聞雑誌に限つて居れど、それさへ読めないで苦しんで居る時も多いが、読めば腹の立つ事、癪(しゃく)にさはる事、たまには何となく嬉しくてために病苦を忘るるやうな事がないでもない」

わが身が恐るべき過酷な状態に置かれているというのに、なんとも冷静で快活な書きぶりです。短い生涯の間に数万の俳句を詠んだという子規。

弟子たちにも「普通の人にても、多少の学問ある者、俳句をものすること一万首以上に至らば、必ず第二期に入り来らん」(『俳諧大要』)などと、上達のためにはまずは多くの句を作ることを薦めました。

こうした子規は「病牀六尺」にあっても、視覚、聴覚、知覚、味覚、嗅覚など可能なあらゆる方法を駆使してひたすら書くことに挑んでいたのです。

「しとねの墓穴」において長い時間をかけて「彫琢」し抜いて仕上げていったハイネに対して子規は、書くことで生きている証しを見いだそうとするかの如く、身の回りにあるもの、起こることすべてを、書いて、書いて、書きまくっていきました。

一、田圃(たんぼ)に建家(たてや)の殖(ふ)えたる事
一、三島神社修繕落成石獅子用水桶(おけ)新調の事
一、田圃の釣堀釣手少く新鯉を入れぬ事
一、笹(ささ)の雪(ゆき)横町に美しき氷店出来(しゆつたい)の事
一、某別荘に電話新設せられて鶴の声聞えずなりし事
一、時鳥(ほととぎす)例によつて屡ゝ音(しばしばね)をもらし、梟(ふくろう)何処(どこ)に去りしかこの頃鳴かずなりし事
一、丹後守殿(たんごのかみどの)店先に赤提灯廻燈籠(ちようちんまわりどうろう)多く並べたる事
一、御行松(おぎようのまつ)のほとり御手軽御料理屋出来の事
一、飽翁(ほうおう)、藻洲(そうしゆう)、種竹(しゆちく)、湖邨(こそん)等の諸氏去りて、碧梧桐(へきごとう)、鼠骨(そこつ)、豹軒(ひようけん)等の諸氏来りし事
一、美術床屋に煽風器(せんぷうき)を仕掛けし事
一、奈良物店に奈良団扇(うちわ)売出しの事
一、盗賊流行して碧桐の舎(や)に靴を盗まれし事
一、草庵の松葉菊、美人蕉(ひめばしよう)等今を盛りと花さきて、庵主の病よろしからざる事

などと、『病牀六尺』に子規庵のある「根岸近況」を書き連ねていけば、『仰臥漫録』には、

十月八日 風雨
  精神稍(やや)静マル サレド食気ナシ
  朝飯遅ク食フ 小豆粥二ワン ツクダ煮 昨日ノ支那料理ノ残リ
  牛乳 西洋菓子
  午飯 サシミ 飯一ワン ツクダ煮 焼茄子 梨 ブダウ
  牛乳 西洋菓子 シホセンベイ
  便通トホータイ
  晩飯 サシミ三、四切 粥一ワン フジ豆 梨 ブダウ レモン
来客ナシ

などと、その日に食べたものを片っぱしから書き並べるとともに、「病室前ノ糸瓜棚 臥シテ見ル所」「コノ日風雨 夕顔一、干瓢二落ツ」などの絵もあちこちに添えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿