2016年4月9日土曜日

ルベン・ダーリオとの出会い

米西戦争の惨敗という国家的一大事は、青年マチャードの内面深くに衝撃を及ぼし、生涯の文学的方向を決定したといっていいでしょう。

翌1899年、マチャードはパリに赴き、すでに滞在していた兄のマヌエルとともに、ガニュエル出版(Casa Ganier)の文学作品の翻訳の仕事に携わります。

そして、文人たちのたまり場だったラテン街のホテルに4カ月間住み込み、オスカー・ワイルド(Oscar Wilde)、ポール・フォルト(Paul Fort)、バロハらと知り合いになります。


1902年には、ゴメス・カリジョ(Gómez Carrillo)が代理領事をしていたグァテマラ領事館の書記として再びパリへ行き、敬愛するルベン・ダーリオ(Rubén Darío)=写真、wiki=に会っています。

ルベンが、この時に会った若い詩人の印象から、その内に秘められた深い精神性を感じていたことは、次の詩「アントニオ・マチャードに祈る(Oración Por Antonio Machado)」 にもうかがえます。

神秘的な沈黙
いくども投げかけた
彼の視線は これまで目にしたことのないほどの
深いところまで達している
ひとことひとことが
ときに内気で ときに激しく
そこには思索の明かりがともる
いつも燃えたぎるような
輝くと深みにあった
慎み深く信仰をする人のように
1000レオーネの羊飼いであり
子羊でもある
嵐を招きそうでもあれば
蜂蜜の菓子を持参しそうでもある
驚くべき人生を
愛を 喜びを
深い詩句で歌った
その秘密は彼の内側に秘められている
たぐいまれな天馬に乗って
奇跡的な1日へと向かう
アントニオへの願いは神々への願い
神々よ救いたまえ アーメン
Misterios y silencioso
Iba una y otora vez.
Su mirada era tan profunda
que apenas se podía ver.
Cuando hablaba tenía un dijo
de timidez y de altivez.
Y la luz de sus pensamientos
Casi siempre se veía arder.
Era luminoso y profundo
Como era hombre de buena fe.
Fuera pastor de mil leones
y de corderos a la vez.
Conduciría tempestades
o traería un panal de miel.
Las maravillas de la vida
y del amor y del placer.
Cantaba en versos profundos
Cuyo secreto era de él.
Montado en un raro Pegaso,
un día al imposible fue.
Ruego por Antonio a mis dioses,
ellos le salven siempre. Amén.

0 件のコメント:

コメントを投稿