2016年4月29日金曜日

カスティーリャの“創世記”

初版からして『カスティーリャの野』には、その前に出したマチャードの詩集『孤独、回廊、その他の詩』(1907)のような統一した形式はありません。

それがまた、この詩集の特徴と言えるかもしれません。マチャード自身、1917年の出版の際の序文で、つぎのように説明しています。

ソリア=写真、wiki=の地での5年間は、いまの私にとっては、神聖不可侵なものである。そこで私は結婚をした。そこで、私の妻を、崇拝する人を失った。そして私の眼を、私の心をカスティーリャの本質へと向けた。そこにあるのは私のイデオロギーとはまったく別のものだった。


私たちは二重の幻影の被害者だと私は考えてきた。もし私たちが外に目を向けて、起こっている出来事に入りこもうとすれば、その困難さの中に私たちは外側の世界を見失ってしまう。そこで見ている現実が私たちを追い払ってしまう。

そのとき、すべてが外から来ているように思われるが、それこそ自らのうちに散らばっている我々のうちにある世界なのだ。ならば、どうすればいいのか。私たちに与えられる糸を織ること、私たちの夢を夢みること、生きること。

こうすることでしか私たちは、この時代の奇跡的な行動を起こすことは出来ない。自分自身に注意深く、聞き耳を立てようとする人は、聞くことの出来る唯一の声に窒息してしまう。一方、よその騒音には茫然とさせられる。ならば、私たちは世界の単なる傍観者なのだろうか。

だが、私たちの目は、理性を搭載しているのだ。そして理性は分析し、問題を解く。すぐさま、崩壊の最中にある劇場を見つめよう。そして、私たち1人1人の影を舞台に投影しようではないか。詩人の使命というのは、永遠に人間的であるところの新しい詩を考案するところにあると私は思った。

個性的で生命力のある物語。妨げにならず、それ自体が生きている。私にはロマンセこそが、詩の中でも最高度の表現方法であると思われた。そして新しいロマンセを書くことにした。その意図は「アルバルゴンサレスの地」で答えを出している。

私の意図は、伝統的な手法を蘇らせようとするところからはかけ離れていた。騎士たちの、あるいはモリスコの古いかたちのロマンセを新たに作る、というのは私の好みでは決してない。見せかけの擬古主義はどれも、私には滑稽に思える。

確かに私は、良き叔父、D・アグスティン・ドゥランが1冊にまとめたロマンセ集によって読むことを学んだ。しかし私のロマンセは、英雄的な武勲に由来するものではなく、形成された民族から、歌われるところの土地から生まれたものである。

私のロマンセは、人間の土台であるところを、カスティーリャの野を、そして“創世記”と呼ばれるモーゼの最初の書物を見つめている。私が述べたこれらの意図と無関係な内容にあなたたちは出あうだろう。

それらの多くは、愛する国を心配してのことだ。それから、私にとって永遠の芸術作品であるところの自然への率直な愛である。結局のところ、いくつかの韻文作品が、人間の、世界の不可解さに思いを巡らすのに費やした(失われた、といえるかもしれないが)私の人生の多くの時間を示しているのだ。

(Cinco años en la tierra de Soria, hoy para mí sagrada –allí me casé; allí perdí a mi esposa, a quien adoraba—, orientaron mis ojos y mi corazón hacia lo esencial castellano. Ya era, además, muy otra mi ideología. Somos víctimas—pensaba yo— de un doble espejismo. Si miramos afuera y procuramos penetrar en las cosas, nuestro mundo externo pierde en solidez, y acaba por disipársenos cuando llegamos a creer, que no existe por sí, sino por nosotros. Pero si, convencidos de la íntima realidad, miramos adentro, entonces todo nos parece venir de fuera, y es nuestro mundo interior, nosotros mismos, lo que se desvanece. ¿Qué hacer entonces? Tejer el hilo que nos dan, soñar nuestro sueño, vivir; sólo así podremos obrar el milagro de la generación. Un hombre atento a sí mismo y procurando auscultarse, ahoga la única voz que podría escuchar; la suya; pero le aturden los ruidos extraños. ¿Seremos, pues, meros espectadores del mundo? Pero nuestros ojos están cargados de razón, y la razón analiza y disuelve. Pronto veremos el teatro en ruinas, y, al cabo, nuestra sola sombra proyectada en la escena. Y pensé que la misión del poeta era inventar nuevos poemas de lo eterno humano, historias animadas que, siendo suyas, viviesen, no obstante, por sí mismas. Me pareció el romance la suprema expresión de la poesía, y quise escribir un nuevo Romancero. A este propósito responde La tierra de Alvargonzález. Muy lejos estaba yo de pretender resucitar el género en su sentido tradicional. La confección de nuevos roman­ces viejos —caballerescos o moriscos— no fue nunca de mi agrado, y toda simulación de arcaísmos me parece ridícula. Cierto que yo aprendí a leer en el Romancero General que compiló mi buen tío don Agustín Durán; pero mis romances no emanan de las heroicas gestas, sino del pueblo que las compuso y de la tierra donde se cantaron; mis romances miran a lo elemental humano, al campo de Castilla y al Libro Primero de Moisés, llamado Génesis.
Muchas composiciones hallaréis ajenas a estos propósitos que os declaro. A una preocupación patriótica responden muchas de ellas; otras, al simple amor a la Naturaleza, que en mí supera infinitamente al del Arte. Por último, algunas rimas revelan las muchas horas de mi vida gastadas — alguien dirá: perdidas— en meditar sobre los enigmas del hombre y del mundo. )

0 件のコメント:

コメントを投稿