2016年4月23日土曜日

レオノールの視線

『アントニオ・マチャードとレオノールの視線』 という絵本では、病気の療養でそれまでずっと家の中で窓を眺めているだけだった2人が、散歩をはじめたときの様子が、次のように描かれています。

 「散歩をしてみたいの」とレオノールはある夜、思いついたように言った。彼女と窓の前に座っていたアントニオは、それがすごくうれしかった。レオノールがはじめてやってみたいことを言ってくれたからだ。


「分かったよ、僕の“宝もの”。あしたいっしょに行こう」とマチャードはこたえた。でも、それには二つの大きな問題があることに気がついた。

第一の問題は寒さからレオノールを守ってやらなければならない。第二に、雨が降ったときのことだ。車いすで歩き回るのは家の中でもかなり大変なのに、泥まみれの道をどうやって進むことができるだろう。

いったい、どこへ連れて行こう?
 
「アントニオ」と彼女はまぶしいような微笑みを浮かべて言った。

「あなたはいろいろ心配してくれているみたいだけど、大切なこと忘れていない」

「何かあったかなあ?」

「あなたは黒いノートに自分で書いているじゃない。《旅人よ。そこに道はない。歩くところに道はできる》って。私たちが望むところを歩いていけば、道になるんじゃない」

こうしてレオノールとアントニオは春が過ぎ去るころ、初めて外へ出かけていった。

「あそこ、見てごらん」

雲の谷間から、微かな太陽の光が差し込んできた。それはちょうど、雨も風もなかった、以前の春を思わせる日ざしだった。

Me gustaría tanto dar un paseo...―dijo Leonor una tarde como tantas otoras en que se encontraban Antonio y ella sentados ante la ventna.
Y él escuchó estas palabras con gran alegría, porque era la primera vez que ella le pedía tal cosa.
―Claro que sí, mi vida, mañana mismo—respondió sin darse cuenta de que tan buena noticia planteaba un problem, o mejor dicho, dos.
 El primer problema era el frío:debería abrigar muy bien a Leonor. El segundo era cómo iba a llevarla a pasear. Ya resultaba bastante problema andar por la casa con silla de ruedas, ¿cómo iban a recorrer los caminos llenos de barro?
 Y, sobre todo. ¿adónde se dirigrían?
―Ay, Antonio—le dijo ella con su maravillosa sonrisa—, tú siempre preocupado por cosas que no tienen mayor importancia. ¿Qué más da dónde vayamos? Tú mismo lo escribiste en tu cuaderno negro,《Caminante, no hay camino, se hace camino al andar》. Dejemos pues que esa el camino el que nos lleve donde él quiera.
Y allí que se fueron Leonor y Antonio en su primer paseo de primavera.
Míralos, por ahí van. Las nubes se han hecho a un lado y brillan ya unos tímidos rayos del sol. Y esos mismos rayos de sol dejan ver ahora algunas cosas que antes no se veían por la lluvia y el viento; como ciertos atisbos de primavera, por ejemplo.

0 件のコメント:

コメントを投稿